腸を動かす炭酸水を摂るポイント

肌荒れや口臭という初期症状からその後に進行すると免疫機能の異常や癌などの重い病気のリスクを上げてしまう便秘は注意する必要のある症状の一つです。便秘になってしまうのは大腸の動きであるぜん動運動に狂いが生じてしまっていることであり、そのぜん動運動を手助けすることが自然と排出できる流れに戻します。ぜん動運動を元に戻すためには運動の他に手軽に行える方法としてあるのが炭酸水です。炭酸水を飲むと炭酸水に含まれている酸素が胃腸の中で一つの大きな塊となり、その空気の塊が大腸を押すことによって便の排出を促しぜん動運動を手助けすることになります。便秘解消のために腸を動かす炭酸水を摂るポイントとしては、朝に起きた時に飲むことが良いです。朝起きた段階というのは体がまだ眠っている状態ですが、その代わりに胃の中には何もないのと前日に食べた物が消化されて大腸の中に残っている状態です。そこで何もない胃の状態で飲むことで、空気の圧力を滞りなく腸の中に運ばれることで効果を出すのです。その際に腸を動かす炭酸水を摂るポイントとして冷蔵庫で冷やしたものではなく開封していない常温で飲むことも重要であり、それは冷やして飲むと逆に大腸を冷やして動かなくしてしまうため常温で飲むことで胃腸を温めることができるのでより排せつしやすくなります。