食事の3時間後には寝ない

食後3時間には寝ないほうが太りにくいことは、相撲の力士の生活を見れば分かります。力士にとっては寝ることも太るために大切な習慣ですが、一般人にとっては困ったことになります。食後に寝ると牛になると昔から言われる所以ですから、睡魔に打ち勝つ必要があります。食後に眠くなるのは確かなことですが、怠惰な精神を振り払うことで解決できます。

食後に血糖値の急上昇が発生することも厄介ですから、食べ過ぎにも注意しておきます。完全に満腹になるよりも、腹八分目にしておいたほうが眠くなりにくくなります。メラトニンの分泌を促進させることは理想ですが、すぐに眠くなっても困ります。そのため、朝食や昼食にはカフェインが含まれるお茶があると便利です。カフェインの効果で目が覚めて、活動的な精神が生まれてきます。

食後3時間で寝るようでは、敵の来襲にも備えることができないのは、戦国武将の生活を見れば分かります。食後でも適度な緊張を保つようにすれば、不意に寝てしまうことがありません。不断の警戒心を保ちながら、一汁三菜の食事をすることが理想であります。食後3時間で寝てしまうと眠りの神に誘惑されてしまいますから、邪念を捨てて行動することが大切です。