ダイエット中のストレスは貯めないように

痩せるためにダイエットを繰り返しては失敗をしている人は多いです。痩せなければ、と思えば思うほど、食べたくなってしまうということはないでしょうか。食事制限しても挫折する、甘いものがどうしてもやめられない、ダイエットに成功しない原因はストレスであることがあります。

脳には知的な活動をつかさどる部分と、生存欲求を満たそうとしている部分とがあります。例えば、ダイエット中は知的活動部分では痩せなければならないと指令を出し、生存欲求部分では食べたいという指令を出してきます。この二つの欲求を自律神経の中枢にある間脳という部分がバランスをとっています。もし、無理して指令を我慢すると、間脳が混乱し、心と体のバランスが崩れて脳がストレスを感じてしまいます。ダイエットに限らず、日常生活で無理したり、我慢したりして脳が混乱し、ストレスを起こすことを脳ストレスといいます。これによって五感にも影響を及ぼします。

ですから、ダイエットに成功するためには、脳ストレスを感じないように、痩せなければならないプレッシャーをかけすぎず、脳をリラックスさせることが大切です。脳をリラックスさせるためには、自然に触れたり、好きなことをする、また食べたいときに食べる、といった窮屈でない食事制限が必要です。