未分類

食後3時間には寝ないほうが太りにくいことは、相撲の力士の生活を見れば分かります。力士にとっては寝ることも太るために大切な習慣ですが、一般人にとっては困ったことになります。食後に寝ると牛になると昔から言われる所以ですから、睡魔に打ち勝つ必要があります。食後に眠くなるのは確かなことですが、怠惰な精神を振り払うことで解決できます。

食後に血糖値の急上昇が発生することも厄介ですから、食べ過ぎにも注意しておきます。完全に満腹になるよりも、腹八分目にしておいたほうが眠くなりにくくなります。メラトニンの分泌を促進させることは理想ですが、すぐに眠くなっても困ります。そのため、朝食や昼食にはカフェインが含まれるお茶があると便利です。カフェインの効果で目が覚めて、活動的な精神が生まれてきます。

食後3時間で寝るようでは、敵の来襲にも備えることができないのは、戦国武将の生活を見れば分かります。食後でも適度な緊張を保つようにすれば、不意に寝てしまうことがありません。不断の警戒心を保ちながら、一汁三菜の食事をすることが理想であります。食後3時間で寝てしまうと眠りの神に誘惑されてしまいますから、邪念を捨てて行動することが大切です。

肌荒れや口臭という初期症状からその後に進行すると免疫機能の異常や癌などの重い病気のリスクを上げてしまう便秘は注意する必要のある症状の一つです。便秘になってしまうのは大腸の動きであるぜん動運動に狂いが生じてしまっていることであり、そのぜん動運動を手助けすることが自然と排出できる流れに戻します。ぜん動運動を元に戻すためには運動の他に手軽に行える方法としてあるのが炭酸水です。炭酸水を飲むと炭酸水に含まれている酸素が胃腸の中で一つの大きな塊となり、その空気の塊が大腸を押すことによって便の排出を促しぜん動運動を手助けすることになります。便秘解消のために腸を動かす炭酸水を摂るポイントとしては、朝に起きた時に飲むことが良いです。朝起きた段階というのは体がまだ眠っている状態ですが、その代わりに胃の中には何もないのと前日に食べた物が消化されて大腸の中に残っている状態です。そこで何もない胃の状態で飲むことで、空気の圧力を滞りなく腸の中に運ばれることで効果を出すのです。その際に腸を動かす炭酸水を摂るポイントとして冷蔵庫で冷やしたものではなく開封していない常温で飲むことも重要であり、それは冷やして飲むと逆に大腸を冷やして動かなくしてしまうため常温で飲むことで胃腸を温めることができるのでより排せつしやすくなります。

ダイエットはいつの時代でも、様々な方法が話題になっていますが、近年流行のダイエット方法は間食をする際にはナッツ類を食べるようにすることです。

そもそもは糖質などの制限をして、間食などもしないようにすると痩せることはできるのですが、それではお腹がすいてしまい、仕事などに支障をきたしてしまいます。

そこで取りいれると良いのがナッツ類になるのですが、ナッツ類は高カロリーで脂質も多い食材にもかかわらず、なぜダイエットに良いのでしょうか。

ナッツ類にはビタミンやミネラルなどが豊富に含まれています。また脂質が多いのですが、この脂質がダイエットの成功に大きく役立つのです。

脂と聞くと体に悪いイメージがありますが、近年注目度が高まってきているDHAやEPAといった成分も実は脂になるのです。脂には水に溶けにくい脂と水に溶けやすい脂があり、体に悪いとされているのは水に溶けにくい脂になります。

これは肉類に含まれている脂で、ナッツ類に含まれている脂は、むしろ血液の流れを良くしてくれる働きがあることが分かっています。

そうなれば体の代謝を上げることにも繋がりますので、痩せやすい体作りを促すことができるようになります。またおやつに取り入れることで、血糖値の上昇を抑える為ダイエットには最適な食材と言えるでしょう。

たっぷりの野菜を食卓に取り入れることで、水溶性食物繊維や不溶性食物繊維の摂取量を大幅に増やせます。脂肪や糖質の吸収を抑えながら、大腸の蠕動運動を促進して便秘も解消できます。五色五味の特性を持った多くの野菜を食べていると、複雑な栄養素の効果によって免疫力までも向上してくるのが分かります。

毎日のように野菜を食べていますから、気や血の巡りまでも改善していきます。中焦にとって極めて有用なことは、お腹の調子が良くなることで実感できます。五臓六腑にとって実に効果的であり、体の陰陽のバランスまでも整えることができます。マクロビオティックの理論にも共通するような利点があり、ダイエットの効果までも実感できます。

野菜たっぷりの生活によって、毎日のように快便なのは素晴らしいことです。新陳代謝が常に促進して、老化物質が残ることがありません。甘味の野菜を食べて脾胃の調子を整えて、精神までも満たされた気分となります。五味の種類を複数にわたって揃えていますから、舌も五臓六腑も満足できる品質です。この食事形態を長く続けていけば、大腸の疾患を適切に防いで、長生きすることもできそうです。ついでに、歯ごたえも楽しんで脳も活性化できます。

夏が近づくと気になるのが体の贅肉です。短期間で集中して体重を減らしたい場合はかなりの努力が必要となりますが、糖質を控えて低カロリーのレシピを作れば1週間で3キロ減らすことも夢ではありません。私達が普段主食として食べているのが米、パン、麺類ですが、これらの食材には糖質が含まれています。糖質を摂り続けると結果的に中性脂肪が増えてしまいます。短期間で体重を減らすためには糖質の少ない食材を使ったレシピを考えることが近道です。まず、ダイエット中は炭水化物を食べるのをやめましょう。大豆製品と肉や魚、根菜や芋類以外の野菜は糖質制限中にピッタリの食材です。炭水化物の変わりの食材として大豆製品を食べると腹持ちも良く満腹感が得られます。また、肉や魚も毎日食べて良いのですが、脂質を抑えるためにも調理方法を工夫しましょう。調理する場合は蒸す、煮るが基本です。油を使いたい場合は少量のオリーブオイルかゴマ油を使って下さい。味付けは砂糖は糖質があるため、使わないようにして下さい。濃い味付けは食欲が増すので少量の塩コショウなどシンプルな味付けがおすすめです。盛り付けは小さめのお皿を使うことで量が多く見えます。よく噛んでゆっくり食べることで満腹中枢が働きます。

日ごろからあまり野菜を食べていなかったり、運動していない現代人が多いです。これらは、お通じのために必要なことです。野菜には食物繊維がたっぷり含まれていますし、運動すれば腸のぜんどう運動が活発になります。プラスして乳酸菌が豊富な発酵食品をたくさん食べるとより一層腸が活発になります。

便秘になってしまうと、老廃物がいつまでも腸の中にい続けることになってしまいます。腸は体調管理にも重要な場所ですが、肌にとっても重要な場所です。老廃物がずっととどまっているので、体調が悪くなりますし、そうすると肌トラブルが出やすくなります。悪いものをどんどん出し続けないと血液に毒素や細菌が入りこんでしまいます。そして、全身に行き届いてしまいます。そうなると、肌にも毒素や細菌が届いてしまうというわけです。

美容のために、良い化粧水や乳液などを使っていても、自分の体の中にある毒素や細菌が肌に届いてしまうと効果も半減してしまいます。便秘を改善することで、肌を美しく保つことができるので、食生活を見直してみてください。また、適度な運動も取り入れましょう。出来ることをするだけで十分です。ストレスになると逆効果なので楽しんで行ってください。

痩せるためにダイエットを繰り返しては失敗をしている人は多いです。痩せなければ、と思えば思うほど、食べたくなってしまうということはないでしょうか。食事制限しても挫折する、甘いものがどうしてもやめられない、ダイエットに成功しない原因はストレスであることがあります。

脳には知的な活動をつかさどる部分と、生存欲求を満たそうとしている部分とがあります。例えば、ダイエット中は知的活動部分では痩せなければならないと指令を出し、生存欲求部分では食べたいという指令を出してきます。この二つの欲求を自律神経の中枢にある間脳という部分がバランスをとっています。もし、無理して指令を我慢すると、間脳が混乱し、心と体のバランスが崩れて脳がストレスを感じてしまいます。ダイエットに限らず、日常生活で無理したり、我慢したりして脳が混乱し、ストレスを起こすことを脳ストレスといいます。これによって五感にも影響を及ぼします。

ですから、ダイエットに成功するためには、脳ストレスを感じないように、痩せなければならないプレッシャーをかけすぎず、脳をリラックスさせることが大切です。脳をリラックスさせるためには、自然に触れたり、好きなことをする、また食べたいときに食べる、といった窮屈でない食事制限が必要です。

1週間で3kg痩せたいと考えた時に、してはいけない事の一つに、食事の量や回数を極端に減らしていく事があります。
食事を減らせば、それにより体に蓄積された脂肪が使われ、体は痩せていく事になると考える人も少なくないでしょう。
ですが、食事を減らし過ぎると、体は、今後も少ないエネルギーしか入って来ないのではないかと、エネルギーに対して危機感を感じる事になります。
すると体は、少ないエネルギーでも生きていけるように、体の筋肉量を落とし、基礎代謝を落としていく事になります。
基礎代謝が高い体というのは、食べ物をしっかりと食べても、太りにくい状態となります。
基礎代謝が低い体に変わると、今までと変わらない量を食べても、脂肪として体に蓄積されやすい状態へと変わっていきます。
ですから、極端な食事制限を行うと、体は太りやすく痩せにくい状態へと変わっていく事になります。
その為、食事を減らす場合でも、何もしなくても体が必要とするカロリーを意識して、減らすようにしていく事が大切です。
ダイエットといえば、まずは食事制限をイメージする人も多いでしょう。
ですが、その方法によっては、ダイエットがしにくい体へと変わる事があります。

1週間で3キロ減らしたいと考えた場合、気をつけておきたいのが、急激に食事の量を減らさない事、そして有酸素運動を行う前に、筋肉を鍛えておく事です。
食事の量を減らせば、それだけ痩せやすい状態になると考える人は少なくありませんが、呼吸や内蔵の動き等、何もしなくても消費していくカロリーを意識しない状態で、食事制限を行い、食事の摂取量が基礎代謝で必要な量を下回ると、体は危機感を感じる事になります。
そして、今後、少ないカロリーでも生きていく事が出来るように、筋肉量を減らしていく事になるのですが、筋肉量が減ると、脂肪が燃焼されにくくなり、太りやすく痩せにくい体へと変わります。
ですから、極端な食事制限は避ける事が大切です。
そして、本当に痩せやすい状態を作るには、筋肉を増やしておく事が大切です。
同じ有酸素運動を行った場合でも、筋肉がしっかりとあるかないかによってその効果は大きく変わってきます。
効率的に痩せたいと考えたら、まずは筋肉量を増やしていく事が大切です。
その状態で有酸素運動を行うと、体についた脂肪を効率的に燃焼させていく事が出来るようになります。
本気で痩せたいなら、食事の量と、筋肉量に注目しておく事がお勧めです。